スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小杉元文相の妻ら再逮捕 支援者から3千万詐取(産経新聞)

 架空の投資話で現金約9千万円をだまし取ったとして、小杉隆元文相の妻、敬子被告(73)=詐欺罪で起訴=らが逮捕された事件で、警視庁捜査2課は17日、別の詐欺容疑で、敬子被告と元私設秘書の新沼拓郎被告(63)=同=を再逮捕した。同課によると、2人は「お金は返せると思っていた」などと犯意を否認している。

 逮捕容疑は平成18年7月下旬、支援者の会社社長の男性(45)に「パーティー券購入の割当があり、代金を本日期日の小切手で支払っているが、一時的な資金不足が生じて落とせなくなってしまった。近々入金があるので準備ができ次第返する」などと偽り、3千万円の小切手をだまし取ったとしている。

 同課によると、2人は小切手の一部を現金や別の小切手に換え、敬子容疑者の借金返済に充てていた。敬子容疑者の借金は約14億円に膨れあがり、返済に窮していたという。

 同課によると、敬子容疑者は被害者の男性に「事務所の台所は私が預かっている」と説明。その後、事情を知った小杉氏から男性に「お借りしたお金は私が何とかします」と釈明の電話があったという。

【関連記事】
ミス神戸→投資失敗→詐欺容疑 小杉元文相妻の“転落”
小杉元文相の妻ら逮捕 支援者から9000万円詐欺
結婚サイト悪用男、さらに詐取650万円で再逮捕
山内議員元秘書を再逮捕 新たに4千万円詐取容疑
「おまえのために借金」33万円恐喝で男を逮捕
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

エッ、田んぼにホーバークラフトですか?(読売新聞)
「心の病」で労災234人=申請者数は過去最多―厚労省(時事通信)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
半島有事の事前協議「迅速対応」を米政府に伝達(読売新聞)
「くいだおれ次郎」旗振り サッカーW杯(産経新聞)

<菅首相>米大統領と電話協議 普天間、日米合意履行で一致(毎日新聞)

 菅直人首相は6日未明、首相官邸で米国のオバマ大統領と初めて電話で協議した。両氏は米軍普天間飛行場移設問題に関する日米共同声明の着実な履行で一致。大統領は菅氏の首相就任に祝意を述べた上で、普天間移設問題についても「日米合意をもとに対応していこう」と語った。菅氏は「しっかりと取り組んでいきたい」と応じた。

 協議は米側が申し入れ約15分間行われた。大統領は「平和と繁栄を推進する世界規模のパートナーシップを築きたい」と語った。

 首相は「自分が市民活動から政治活動を始めたことと、(大統領の経歴に)共通点を感じている。カナダ(でのサミット)でお話しするのを楽しみにしている」と述べた。大統領も「市民活動家として共通するところがありそうだ」と応じた。【影山哲也】

【関連ニュース】
菅首相:北朝鮮国営放送が初めて選出を報道 論評は避ける
民主党:菅首相の訪沖など申し入れ方針 沖縄・鹿児島県連
毎日世論調査:菅首相に期待63% 小沢氏辞任評価81%
菅首相:組閣、枝野幹事長内定 11閣僚再任へ
ツイッター:「菅首相」なりすまし 利便性の裏に問題点も

雑記帳 南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
<ウアルカイシ氏>不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
<投資ファンド>悪質横行…証券監視委の検査追いつかず(毎日新聞)
チャイルドシート使用57%=死亡・重傷2.7倍の差―警察庁(時事通信)
遷都1300年協会に脅迫文=43歳男を逮捕―奈良県警(時事通信)

ボンネットから転落し重体=車に7人、運転の18歳逮捕―岐阜(時事通信)

 30日午前2時20分ごろ、岐阜県瑞浪市稲津町小里の高校敷地内で、走行中の軽自動車のボンネットに乗り遊んでいた多治見市の会社員の少年(19)が転落し、この車にひかれた。少年は病院に運ばれたが、頭を強く打ち意識不明の重体。
 車には少年7人が乗っており、県警多治見署は運転していた瑞浪市に住む大学1年の男子学生(18)を自動車運転過失傷害と道交法違反(無免許運転)の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。
 同署によると、走っていた車にはシートに3人、車両の上に4人が乗って遊んでいた。このうちボンネットに乗った少年が何らかの原因で車の前方に落ちた。7人はいずれも高校の同級生だったという。 

【関連ニュース】
高校教諭、無免許運転9年=部活でバス送迎も
虚偽の調書作成の疑い=警部補を書類送検
多重死亡事故、25歳男逮捕=100キロ前後で無免許運転
免許証不正取得で追送検=代行運転バイトの元市役所職員
5人死傷事故で19歳逮捕=無免許でスピード出し過ぎ

「辺野古」撤回が前提=政権復帰で社民の福島党首(時事通信)
首相、究極の“二枚舌” 「辺野古」明記せず 普天間移設政府方針(産経新聞)
都の漫画規制案、民主が撤回要求へ(読売新聞)
インタビュー:アジア初の個展、フリードリッヒ・クナス(Business Media 誠)
夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初(医療介護CBニュース)

事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は25日、国会内で原口一博総務相と会談し、政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)による事業仕分け第2弾の後半戦で「廃止」と判定された宝くじの関連事業に絡み、宝くじの発売中止を求めるとした仕分けの結論を事実上、撤回した。

 枝野氏は会談で原口氏に対し「(宝くじ関連法人の)天下りの問題意識は共有しているが、直ちに(宝くじの)発行認可を止める話ではない」と伝えた。

 原口氏も25日の記者会見で「指摘された点はしっかり改善し、宝くじをやめないよう全力を挙げて改善に取り組む」と述べた。

 21日の仕分けでは、天下り役員の高額な給料や豪華なオフィスなどの問題が解決されるまで、宝くじ発売を中止するよう原口氏に要請すると結論づけていた。

 一方、事業仕分け第2弾後半戦は25日、公益法人など70法人の82事業を対象にした作業を終えた。「廃止」判定は31法人の39事業。政府は結果を公益法人改革に反映させる。

 25日の作業では、農村環境センターによる「田んぼ生き物調査」事業を、「いったん廃止して国へ戻す」と判定。司法協会が請け負う裁判記録のコピー業務については「対面式で1枚50円は高すぎる」として「見直し」と判定。所管する法務省に、料金値下げの指導を求めた。全日本トラック協会の「都道府県トラック協会からの出捐(しゅつえん)金による事業」は見直しを求めた。

【関連記事】
内田裕也さん、蓮舫氏に花束 仕分けを傍聴
宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議
「宝くじ、発行停止はできない」総務相、宣伝事業の廃止急ぐ
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」
事業仕分け 建設8団体、随契で内部留保165億円 縮減判定
虐待が子供に与える「傷」とは?

対外純資産、最高を更新=世界一堅持、266兆円―昨年末(時事通信)
<口蹄疫>ワクチン接種してもなぜ殺処分?(毎日新聞)
雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
ブランド品300万円相当が盗難 京都(産経新聞)
優れた高齢者福祉機器を募集―日本リハビリ工学協会(医療介護CBニュース)

<詐欺容疑>養老保険金を詐取、元郵便局員を逮捕 警視庁(毎日新聞)

 顧客から養老保険の満期払戻金約350万円をだまし取ったとして、警視庁千住署は14日、いずれも足立郵便局員だった千葉県野田市春日町、無職、松下直大(24)と東京都足立区足立1、郵便事業会社大崎支店員、大黒英樹(35)両容疑者を詐欺容疑で逮捕したと発表した。2人は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、09年4月、足立郵便局で養老保険の払い戻しを受けた足立区の飲食店経営の男性(74)に「民間の保険のほうが利率がよく入院保障もある。再び養老保険に加入するまで民間の保険にお金をいれておきましょう」などとうそをいい、約350万円をだまし取ったとしている。

 松下容疑者は「詐取した金で中古のベンツを買った」、大黒容疑者は「一銭も受け取っていない」と供述しているという。

 松下容疑者は09年4月に退職。被害者の男性は民間の保険証書が届かず、09年7月に千住署に相談した。【酒井祥宏】

【関連ニュース】
詐欺:近鉄子会社の元社員が10億円を詐取 容疑で逮捕
架空発注詐欺:容疑で全日空子会社元社員らを逮捕
保険金詐欺:元朝日新聞販売店店員らを容疑逮捕 川崎
詐欺:警察官名乗りカードを詐取 100万円被害 奈良
高齢者住宅詐欺:容疑で社長夫婦を逮捕 神奈川県警

雑誌社に広告の確認義務=パチンコ攻略法被害−大阪地裁(時事通信)
仮面ライダーのマスク無断販売(産経新聞)
元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
<憲法改正>国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席(毎日新聞)
<掘り出しニュース>北海道で高齢者がオリジナル映画4作目 崔洋一監督が全面協力(毎日新聞)

耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)

 東京都港区で昨年8月、耳かき店店員、江尻美保さん=当時(21)=と祖母の鈴木芳江さん=同(78)=が殺害された事件で殺人罪などに問われた元会社員、林貢二被告(41)の公判前整理手続きの第5回協議で東京地裁の若園敦雄裁判長は6日、林被告の精神鑑定実施を決めた。

 検察側は捜査段階の簡易鑑定から「責任能力に問題はなかった」として起訴したが、弁護側が「林被告は犯行当時、心神喪失か心神耗弱の状態にあった可能性がある」として、責任能力を争う姿勢を示し、精神鑑定を請求していた。裁判員裁判の対象で鑑定は初公判前に行われる。

【関連記事】
耳かき殺人、争点は責任能力 公判前整理手続き
ストーカー客浮上か? 松戸の全裸殺人放火事件
記者は見た!「耳かきエステ」一斉摘発 仰天サービスの実態は…
違法耳かきサービス店を一斉摘発 神奈川県警
重体だった孫の「耳かき嬢」が死亡−新橋女性殺傷事件
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

浴室で練炭自殺?女性2人の死体 市川市(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
<雑記帳>銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
米企業がiPS細胞のライセンスを取得(産経新聞)
帰国ラッシュがピーク、成田空港に5万人(読売新聞)

労働者派遣法 改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見(毎日新聞)

 仕事のあるときだけ雇用契約を結ぶ登録型派遣の原則禁止などを柱とした労働者派遣法改正案は16日、衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。野党側は棚橋泰文氏(自民)が「企業の海外移転が進む」、古屋範子氏(公明)が「中小企業の労働力確保が難しくなる」と懸念を示した。鳩山由紀夫首相は「施行までの猶予期間で労働力確保の仕組みを作る」と答弁し理解を求めた。

 改正案は通訳など専門26業務を除いて登録型派遣を原則禁止する内容。製造業派遣も、長期間の契約が見込まれる常用型派遣を除いて原則禁止とした。また、偽装請負など違法行為があった場合、派遣先企業が派遣労働者に労働契約を申し込んでいたとみなす「みなし雇用制度」を導入。派遣労働者が希望すれば直接雇用に切り替えられる。施行は公布から6カ月以内。雇用への影響を考慮し、登録型派遣と製造業派遣禁止は猶予期間を設けて3年以内とし、登録型派遣の一部は最長5年の施行猶予が可能になっている。【鈴木直】

【関連ニュース】
労働政策審議会:意見の尊重を…政治主導に注文
労働時間:有休取得率に目標 ガイドライン改正
労働者派遣法:改正案を閣議決定 規制強化へ
派遣法改正案:「事前面接」解禁は見送り 基本政策閣僚委
雇用:各党が政権公約に

山崎さんシャトル帰還=日本人最後、一時代に幕−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
<火山噴火>関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
九州電力設備に車突っ込む、長崎中心部で停電(読売新聞)
2人死傷単独事故で少年逮捕=危険運転致死傷容疑−兵庫県警(時事通信)
車掌2年半キセル乗車…磁気定期券不正に操作(読売新聞)

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(4)(産経新聞)

 □ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長 岩田康子さん

 ■レストラン全焼から再出発 「またここで料理を」と夢を抱いて。

 −−ブルーベリー栽培のかたわら、自宅でフレンチレストランを手がけるなど挑戦の毎日だったのですね

 岩田 子供2人も大学生になり、東京と大阪へ出ていきました。1人の生活となったとき、レストランもやっていた自宅が放火されました。

  −− そんな怖いことが…。けがはなかったのですか

 岩田 2階の寝室で寝ようとしていたときでした。家は全焼しましたが、すぐに通報したので私はやけどもせず、助け出されました。不思議と自分が助かったことよりも、子供たちの思い出が燃えてしまったことが申し訳なくて。

 −−すべてを失ったのに怒りはなかった?

 岩田 モノへの執着はなかったですね。それはレストランを始めたころから手伝いに来てもらっていた地元のおばあちゃんの影響かもしれません。

 −−どういうことですか

 岩田 レストランの予約で、私が草引きできない代わりに来てくれるようになったのですが、朝7時から黙々と頼んでいないところまですべて草を引くんです。ジュースを勧めても「山の水がある」と言い、暑いから休んで、と声をかけても「(しゃがんでいて)立つとな、風が涼しいんや」と働き続ける。あるとき、おばあちゃんに何か贈り物をしたくて「どんなときが幸せ?」とたずねたら、「4人の子供にわらじを編んでやれたときが幸せやったなぁ」って。目が覚めたような気持ちでした。それまでの私は、自分が洋服や食事を手に入れることが幸せだと思っていた。物を追求してきたのだと気づかされました。

 −−それでも、離れて暮らしていたお子さんはとても心配されたでしょう

 岩田 娘は大阪だったため、すぐに駆けつけてくれました。泣きながら「お母さん、これからは自分の夢のために生きてください」と言ってくれました。思えば「子供を育てていかないと」と、十分に稼げない自分に厳しく朝も晩も働いてきました。娘はちょうど20歳。子育てはもういいよ、ということだったのだと思います。そんなとき、1人の若者が「もしレストランをやるなら、雇ってください」とたずねてきました。

 −−何もなくなった土地にわざわざ?

 岩田 彼の修業先のシェフが、ここで育てていた摘み立てのハーブが好きで、たびたび来られていたんです。がれきしかないこの場所で、彼はここで育つハーブを使って料理をするという夢が見られるんだ、と驚きました。彼の言葉は私の希望にもなり、火災保険金で隣の山林を買ってハーブガーデンをつくり、平成8年に本格的にレストランを始めました。友達には「家を再建するのが先でしょう」と怒られましたけど。

 −−約100種のハーブと有機野菜の料理、天然酵母のパンと、この景色。すばらしいごちそうですね

 岩田 日本の農業は今、海外の安価な農産物に押されて農業だけで食べていくのは難しいです。このレストランでは、農業の現場で仕事を理解してもらいながら食事をしてもらえる意味があります。(聞き手 石川有紀)

【関連記事】
日照不足で野菜高騰 ナスやピーマン3、4割高
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
低温でウメの実凍結、被害額は1億円超に 小田原など
生鮮品では初認定、宮崎産青果にCO2排出量表示 
ペプシコ、健康志向に対応 食品の塩分25%、飽和脂肪酸15%カット

<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)
<民主党>参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく(毎日新聞)
有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問−赤松農水相(時事通信)
平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)

子宮頸がん予防に助成を=女優の仁科さんが小沢氏に要望(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は8日午後、国会内の幹事長室で女優の仁科亜季子さんの訪問を受けた。仁科さんが子宮頸がん予防ワクチンの公費助成を要望すると、小沢氏は「がんばれ」と激励。同席した衆院厚生労働委員会所属の仁木博文氏に、「委員会で問題を提起してくれ。バックアップする」と対応を指示した。
 仁科さんは38歳の時に子宮頸がんを発症しており、要望を終えた後「心強く思っている」と語った。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「谷垣総裁辞めて」自民埼玉県連で厳しい声続々(読売新聞)
平沼氏、参院選10議席目標=公約に消費税10%明記−園田氏(時事通信)
「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件
たちあがれ日本 憂国の石原知事 「血が煮えたぎってる」(産経新聞)
<スペースシャトル>打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)

<囲碁>早慶、15回の授業で単位取得(毎日新聞)

 早稲田大と慶応大が今月、15回の授業で単位を取得できる「囲碁」の講座を相次いで設ける。偶然にも「私学の両雄」が足並みをそろえることに、日本棋院は「伝統文化の継承・発展のうえで意義深い」と歓迎している。

 両大の講座はいずれも7月までで、90分授業が15回ある。囲碁の歴史やルールを学び、学生同士で対局。最後は講師のプロ棋士に挑む。日本棋院によると、囲碁の講座はこれまで、東京大教養学部(東京都目黒区)と東邦大理学部(千葉県船橋市)にしかなかった。

 早大は日本棋院と提携し、西早稲田キャンパス(東京都新宿区)で7日、黒滝正憲七段(34)を講師に「囲碁で学ぶ数理科学入門」をスタートさせた。学部を問わず受講できる。担当する早大メディアネットワークセンターは「最近の学生は受験のせいで決まった科目の知識しかない。文系学部の学生にも対局を通し数理科学的思考力を養ってほしい」と狙いを語る。

 慶大も14日、神奈川県藤沢市の湘南藤沢キャンパス(SFC)の環境情報学部と総合政策学部に開講する。人気漫画「ヒカルの碁」の監修で知られる卒業生、梅沢由香里五段(36)を講師に招く。

 梅沢五段の恩師である村井純・環境情報学部長は「囲碁は論理的戦略性が求められ、人の心理も影響するゲーム。文理複合的な学問の融合を目指すSFCの理念に近いと考え、私から講師をお願いした」という。梅沢五段は「国際化が進んだ今こそ、自国の文化への理解を深めてもらいたい」と学生に呼びかける。

 時ならぬ“囲碁講座人気”を、慶大出身で囲碁ファンで知られる推理作家の夏樹静子さんは「今の子は何でもパソコンでちょこちょこ調べるデジタル人間。ゆったり全体の流れをよむアナログ人間も社会には必要で、対局を通して大局観を養える囲碁が一番と大学も気付いたんじゃないかしら」と分析している。【永尾洋史】

【関連ニュース】
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ
JOC:囲碁の国内統括団体を承認団体に アジア大会

森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)
五木寛之氏・直木賞選考委員退任 「新しい空気必要」(産経新聞)
<自立援助ホーム>「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
非吸収性抗生物質「リファキシミン」のライセンス契約を締結―あすか製薬(医療介護CBニュース)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
審査 甘い キャッシング
現金化口コミ
探偵事務所 福島県
探偵事務所 北海道
借金整理
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM